明治神宮定例参拝 平成23年11月3日
 今年も良い天候に恵まれ、大勢の参拝客で賑わう明治神宮で、恒例の参拝が行われた。
原宿口の大鳥居から二つの集団(前半は第一区から第五区、後半は第六区から第十一区)となり、
年番である第一区の小頭が持つ会旗を先頭に木遣行進が行われた。
 伴纒姿の大集団と大きな木遣の声に参道の大勢の人々は喜ばれ、記念撮影をされていた。
約50分ほどで到着し、各区総代がお祓いを済ませると全員が内拝殿に入り、代表で鹿島会長が玉串
を奉奠した。その後、外拝殿脇で手締めが行われてお開きとなった。

  

 



 



  


TOP