三囲神社木遣法要(6月6日)
 スカイツリーがよく見える交差点の反対側に三囲神社がある。
 隅田川とすぐ上を走る高速道路に沿った神社の境内の奥には、真新しい基礎の上に移設された
木遣塚だが、明治8年(1875)に建立された木遣音頭碑を中央に、各大區消防衆長碑・追加木遣
連名碑が整然と建ち、当時の木遣師達も喜んでいると思う。
 比較的雨が多い木遣法要だが、今年は快晴で暑い日射しの中、社務所前から地元第六区の頭取
中の木遣に先導されて、木遣塚に宮司が到着した。
 すぐに神事がはじまり、宮司のお祓いと祭文奏上の後、各区総代が玉串を奉奠した。そして再
び木遣に先導されて宮司が退場した。
 その後、年番である第七区の頭取中により木遣が奉唱された。新しい木遣塚での初の木遣法要
は滞りなく終了した。

 

  

 

  

 

  

  


TOP