消防殉職者慰霊祭(5月25日)
心配していた前日からの雨が上がり、快晴となった浅草寺の境内では、早朝から準備が始まった。
9時には雷門前に待機していた各区の纒と梯子が、会員達に担がれて、木遣を歌いながら入場した。

 所定の時間になると浅草神社の神主が入場し、式典が粛々と進み、小宮多喜次名誉会長、綿貫民輔
名誉顧問、新井雄治消防総監の祭文が捧げられた。遺族を代表して第六区一番組の中澤伸行組頭をは
じめとして、大勢の来賓が玉串を捧げられた。最後に鹿島靖幸会長の謝辞で、一部の式典は終了した。

 その後、第二部の纒振り・梯子乗りの演技が始まる頃には、時間とともに観客が増加し、狭い会場
はいっぱいになっていた。各区の木遣師達の大きな声がする中、纒振り行進が行われ所定の位置に戻
ると、梯子乗りが開始された。
 会場の都合で、第一区・二区・三区の梯子は、道路側に出ての演技となったが、第四区から十一区
までの梯子乗りの演技と共に、大勢の観客から拍手と喝采を浴びた。

最後は第四区高柳副組頭の木遣と鹿島会長の発声で手締めを行い、全ての行事が終了した。

 

  

 

  

 

  

  

 

  

  


TOP