消防殉職者慰霊祭(5月25日)
 今年の浅草寺は本堂の屋根瓦の葺き替え工事等がはじまったため、本堂裏手の広場はかなり
狭くなっていた。恒例の消防殉職者慰霊祭ということで、多くの見学客が集まった。
 雷門前に集合した各区の纒と梯子は、9時に発進して仲見世を通り所定の位置に整列した。
開始時間前には石原東京都知事も着席し、祭壇前では浅草神社の宮司ほか神職が揃って、式典
がはじまった。一通りの神事が済み、江戸消防記念会小宮名誉会長・石原知事が祭文を奉読し、
各団体の代表などが玉串を奉奠した。
 その後、東京消防庁音楽隊が演奏する中、殉職者たちに黙祷が行われ、神職退場の後、鹿島
会長の御礼の挨拶で式典は滞りなく終了した。
 その後、木遣・纒振り・梯子乗りの演技が披露されたが、大勢の観客が地元の梯子乗りの選
手を見ようと、手狭な広場に入られたが、梯子乗りの演技に多くの拍手があがった。
 最後は鹿島会長の音頭で、観客も一緒になった手締めが行われた。

 

  

 
 
 

  

 
 
 

  

  


TOP