大岡祭・大岡越前守 墓前法要(4月18日)
 浄見寺とその周辺は例年になく大勢の参加者で賑わっていました。定刻になると本堂で法要が行わ
れ、鹿島会長ほか計4人の総代が参列・焼香をされた。
 その後、第十四代当主夫人、第十五代当主が参加されて、大岡越前守の墓前で法要が行われました。
読経の後は、関係団体の代表者などが焼香し、江戸消防記念会から、鹿島会長、江戸消防記念会各区
仲好会を代表し高柳副会長が焼香した。
 そして、各区仲好会の会員が、木遣を奉唱、大勢の参列者、見学者の感動の中、大岡越前守墓前に
響きわたった。

 

  

 
 
 

  

  


TOP