祐天寺 木遣法要(4月6日)
 素晴らしい天候に恵まれた祐天寺の境内は「華やかな満開の桜」で、風が吹くと少しずつ落ち始める
桜の風情が、参加者を喜ばせ、恒例の木遣法要が行われた。
 地元第八区の頭取達が、地蔵堂から石碑のある木遣塚まで、貫首を木遣で先導した。
読経の後、各区総代が順次焼香し、鹿島会長にお札が授与され、貫首が退場された。
 その後、年番の第六区の頭取達により木遣が奉唱され、滞りなく終了した。

 

  

 

  

 


TOP