川崎大師 定例木遣奉納 参拝 6月23日
  平成19年6月23日10時30分、快晴でかなり暑い日差しの中、87名の組頭達が大山門前に整列して、
 第三区六番組・小頭只野雅幸旗手を先頭に、木遣を歌いながら江戸消防記念碑の前まで行進した。
 記念碑前にて全員で木遣を奉納した。
  記念碑を建立した明治20年(1887)8月から今年で建立120年目に当り、先人の遺徳を偲びつつ、
 当時の消防活動の苦労に思いを馳せていました。
  なお、この記念碑には町火消の制定時から建立時点までの経緯などが刻まれています。

  

  

  


TOP