祐天寺 木遣法要4月6日(金)
  今年の祐天寺での木遣法要は、暖冬で桜が散ってしまった後に行うことになるのではない
 かと心配していましたが、4月6日、いつもとそれほど変わらない桜が咲いている中で、恒
 例の木遣法要が行われました。
  第八区の幹部連の木遣に先導された祐天寺の貫首が、地蔵堂から仁王門をくぐって木遣塚
 に到着し、貫首による儀式が厳かに行われました。引き続き各総代が順次焼香をし、儀式は
 滞りなく済み、再度、第八区の方々に先導されて貫首が退席されました。
  その後、年番である第四区の木遣師達が、大きな声を上げて木遣を奉唱した後、手締めが
 行われて木遣法要が終了致しました。

  

  

  

TOP