成田山新勝寺総門上棟式
  成田山新勝寺は平成20年に向けて「成田山開基1070年祭 記念事業」が行われていますが、
 その事業の一環に「総門(総欅造り)建立」があり、3月28日(水)に「総門 上棟式」が、
 厳粛かつ多数の参加者のもとに行われました。
  貫首の入場に際しては、光輪閣から総門まで50名の当会の会員が木遣で先導しました。
 「上棟式」という行事にはつきものの祝い木遣には、田中善実さん以下10名の木遣師達が奉
 唱し、次いで来賓が棟札に括られた綱を引いて上げる際には、「巻き木遣」で調子をとりつ
 つ、無事所定の位置まで上げ、工匠達によって取り付けられました。
  更に、式典の最後には「真鶴」「田唄」等を全員で奉唱し、上棟式が目出度く終了致しま
 した。

  

  

  


TOP