明治神宮定例参拝 平成18年11月3日(金)
  明治神宮の秋の大祭である11月3日は、七五三で可愛く着飾ったお子さん達が、ご両親はもちろん
 お祖父さんお祖母さんなどに手を引かれて、菊花香る参道をなごやかに拝殿に向かっていました。
 そんな情景を見つめながら、江戸消防記念会の会員達は「原宿口」に正午頃から集まり始め、午後
 1時に合計約260名が前半・後半の二つの集団となって、木遣行進がスタートしました。今回は第七
 区の小頭岡田信幸が旗手を務め、外拝殿(げはいでん)まで木遣行進を行いました。
 その後、内拝殿(ないはいでん)に全員が揃い、代表として鹿島会長が玉串の奉奠を行った。その後、
 外拝殿の左手にて手締めを行い解散となった。