成田山新勝寺「定例参拝」平成18年10月6日
  発達した低気圧による大雨と強風の影響で傘が差せないほどの状態の中、
 成田山新勝寺大本堂への定例参拝が行われた。
  平成20年4月から5月に予定されている「成田山開基1070年祭記念大開帳
 奉修」に向け、開基1070年祭記念事業である「総門」の建立が始まっている。
  これまではこの場所から木遣行進を始めるが、激しい風雨のため、大本堂
 手前の香炉のところに集合して、そこから会旗を先頭に約250名での木遣行進
 となった。本堂に入ってから木遣を奉唱して終了した。その後は、各自参詣
 をした。