各区の歴史と行事

  各区には長い歴史があるところと、加入してからまだ二十余年のところがあります。
 そのため歴史の背景、地域性、伝統文化の継承など、これまでに歩んできた道には大きな違い
 があり、同一に語ることはできません。
  長い期間に様々な出来事があり、歩んできた道程には、鮮明に記憶されていることもあれば、
 全く忘れられていることなどもあります。それを呼び戻すきっかけが、奉納物であり恒例行事
 であり、先輩諸氏の異動が明記されている名簿です。これらを頼りに糸口を見つけてたどり着
 いたのが、この「各区のあゆみ」です。
  過去の歴史は確実にありますが、それらを記録したものは戦災などで焼失したり、残されて
 いる資料が少ないため、この「あゆみ」は、現時点では各区の「足跡」と「行事の特徴」を端
 的 に理解できる資料です。
  今後は、各区が記念会の一員として、また各区・各組が独自に歴史を積み上げていきますが、
 その過程での大きな節目の資料と言えるものです。また、後進に確実に受け継いで貰うための
 記録であり、過去と現在を理解し、未来を展望できる「あゆみ」です。
   なお、当会は平成22年12月1日より『一般社団法人』となりました。

 
 記念会創立当時の幹部の名前が揃った額

 上の写真は、江戸消防記念会の創立当時を象徴する記念すべきもので、昭和30年1月吉日に奉納
 した額です。江戸消防記念会が社団法人として創立当時の昭和29年7月に、額の発起人である幹
 部が、岐阜県神岡町(現飛騨市)の大坪政長氏の家に逗留して、神岡江戸木遣保存会の会員に木
 遣りを指導しました。翌年、記念会の幹部各位が協力した額で、神岡町金毘羅堂に納められまし
 た。
 平成15年10月、神岡江戸木遣保存会発足50年記念の行事があり、わざわざ堂内から会場に運び出
 し、展示されたものです。



 江戸消防記念会各区と現在の東京23区との位置関係
 →地図をクリックすると各区の紹介がでます
 (注)地図はおおよその区域をあらわしており、厳密な受持ち区域とくい違うところがあります
    例えば「第一区」をご覧になられる方は、地図上の中央区辺りをクリックしてください
 tokyo230.gif 第1区(10組)中央区全部、千代田区の1部 第2区(7組)港区の大部、品川区の1部 第3区(7組)渋谷区全部、千代田・港・新宿各区の1部 第4区(10組)文京・豊島両区全部、千代田・新宿両区の1部 第5区(9組)台東区全部、荒川区の大部、千代田区の1部 第6区(9組)江東・墨田両区全部 第7区(5組)大田区全部、品川区の大部 第8区(5組)目黒・世田谷両区全部 第9区(10組)中野・杉並両区全部、新宿区の1部 第10区(9組)北・板橋・練馬各区全部 第11区(6組)足立区全部 江戸川、葛飾には組がありません
   各区の紹介に消防殉職者慰霊祭でのスナップ写真を追加しました
 第1区(10組)中央区全部、千代田区の1部
 第2区(7組)港区の大部、品川区の1部
 第3区(7組)渋谷区全部、千代田・港・新宿各区の1部
 第4区(10組)文京・豊島両区全部、千代田・新宿両区の1部
 第5区(9組)台東区全部、荒川区の大部、千代田区の1部
 第6区(9組)江東・墨田両区全部
 第7区(5組)大田区全部、品川区の大部
 第8区(5組)目黒・世田谷両区全部
 第9区(10組)中野・杉並両区全部、新宿区の1部
 第10区(9組)北・板橋・練馬各区全部
 第11区(6組)足立区全部




TOP