『第六区のあゆみ』

 創設から現在まで
  第六区が創設された時期は、享保3年(1718)いわゆる徳川
 吉宗の時代、大岡越前守が江戸府内に江戸町火消「いろは組」
 を創設した時に、大川(現在の隅田川)を渡った本所・深川地
 区に、大組の「南組・中組・北組」が創設された。「南組・中
 組・北組」はそれぞれ「深川南組」「深川本所中組」「本所北
 組」とも記録されている。「南組」は「一組」「二組」「三組」
 「四組」「六組」、「中組」は「五組」「七組」「八組」「九
 組」「十組」「十六組」、「北組」は「十一組」「十二組」
 「十三組」「十四組」「十五組」の「小組合」で構成されてい
 ました。また、受持区域は現在の江東区と墨田区です。
 明治5年(1872)に「大組」の「第六大区」となり、「一番組」
 は「二組」「三組」、「二番組」は「一組」「四組」「六組」、
 「三番組」は「五組」「七組」「八組」、「四番組」は「九組」「十組」「十五
 組」「十六組」、「五番組」は「十一組」「十二組」、「六番組」は「十三組」
 「十四組」がそれぞれを元組として、近隣の小組合同士が統合される形に変化し
 た。
  その後、東京が発展し、人口が増加してゆくにつれて、周辺地域から七番組か
 ら十番組までが、昭和23年(1948)に第六区に加入した。しかし昭和四〇年代半
 ばに十番組が抜けて、九番組までの現在の体制になっている。

 纒の形
  江戸時代に本所・深川地区に設置された16の小組合の纒は、見慣れないためか
 ユニークな形をしているものが多い。明治になって複数の組合が統合されたため、
 以前の纒をそのまま使用する訳にもゆかず、新しい形の纒が新調された。
  また、昭和31年(1956)と昭和33年(1958)の幹部名簿によれば、この時期に
 九番組と十番組の纒が変化している。九番組の纒は江戸時代の「九組」の「重ね井
 筒」になり現在に継承されている。

 大山阿夫利神社の石碑が歴史を語る
  大山には江戸時代から他の組と同様に、「大山講」として仲間同士で、あるいは
 地元の「講」の人々と共に、夏の間に通っている。そして「定宿」としての宿坊が
 あったが、時の変化でなくなったため、「目黒」という宿坊に落ち着いて、今に到
 っている。
  第六区の諸先輩が全体(一番組〜六番組)で建立した石碑であるが、現在も大事
 に維持・保存している。これは良弁滝の前の道路沿いに「東京第六區消防組」とし
 て「昭和3戊辰年(1928)7月吉日建立」された石碑で、「昭和参年七月御大典記
 念」に建てられたものである。約120人の受持区域の町名と名前が刻まれているの
 で、歴史的にも貴重な史跡と言える。
 
  また、この石碑の周囲の玉垣に「第六區七番組、八番組、九番組、十番組合併記念」
 と記され、昭和24年(1949)11月に追加工事がされているが、ここに第六区の歴史が
 凝縮されている。
  さらに、昭和40年頃、玉垣改築記念として計178名の名前が追記されている。
  ここに第六区の歴史が凝縮されている。

 第六区として奉納した額
  深川不動尊・三峯神社・笠間稲荷・山倉大神・能勢妙見山東京別院など、ご縁の
 ある各地の寺社にかなりのものを奉納をしてきたが、80年以上前の大正9年(1920
 )4月に奉納した「立野堀の明学院」(草加市)への「大額」は最近になって知る
 ところとなった。「明学院」の額は、一番組が発起人で他の五組に協力を求めて納
 めたもので、合計116名と書記2名の名前が記されている。

 世界遺産の日光山輪王寺に二つの額
  昭和44年(1969)5月に「奉納 三佛堂 墨東輪王講」として額を上げている。
 その後「護法天堂」に二つ目の額を、第六区全員で奉納した。これは日光が世界遺産
 になった前年の平成10年(1998)10月のことである。記念の扇子を作るので、貫首に
 お願いして「無我」という文字を揮毫して貰い、関係者に提供した。
  この額の奉納には、榎本総代を筆頭として、組合員の安全祈願、諸先輩への感謝の
 気持、伝統文化の継承等、第六区の団結の印になっている。

    

 伝統文化の継承と保存
  木遣りの稽古は毎年3月から9月頃の間と富岡八幡宮・深川神明などのお祭りの前
 に、業平の公共施設で「北森」さんの指導で稽古をしている。
  梯子乗りは、記念会の行事がある出初式や5月の消防殉職者慰霊祭に合わせて、幹
 部全員の出席と共に組合員全員が参加して稽古をしている。また、纒の練習も一緒に
 行っている。

 第六区の年間行事などについて
  節分は各寺社で行われるため、依頼に応じて各組が対応し、お彼岸には墓参会とし
 て、組毎に木遣りで諸先輩と先祖供養をしている。
  6月になると第四区が定例参拝している三峯神社には、第六区の額もあるので、参
 拝に同行している。7月は、大山阿夫利神社へ定例参拝をしている。年末はお飾り・
 門松作りなどを行って、ご縁を深めているが、年間を通して、祭と神輿などに関連す
 る機会が多く、地域の各寺社・お店などとの強い連携がこの辺にもよく現れている。

 成田山新勝寺との強い関係
  成田山新勝寺は江戸時代から出開帳などを何度も行っているが、深川永代寺八幡宮
 社地迄の道中に、北組・中組などの受持区域があり、大がかりな行列のため道中で間
 違いがないよう警護のために、他の組と共に持場の安全確保などに協力した。また、
 「講」により新勝寺には、文化・文政期から明治初期までに本所・深川の各組合から
 は計15回の参詣が記録されていて、奉納物も数多い。
  女坂には安政3年(1856)にできた「向島内陣十六講梵字講」の人々と共に、六番
 組の常夜灯と石碑・玉垣、十番組までの纒が描かれた石碑等が目立っている。
  また、額堂には一番組の12名のまねき、二番組の纒の模型を中心にした額(明治43
 年5月)掲げられている。
  成田山東京別院である深川不動堂の庫裏が平成14年に落慶法要した時には、衝立
 を寄付し、ご縁は深く今も続いている。そして毎年5月17日には定例参拝をしている。

 奉納物
  富岡八幡宮の「二の組」の鳥居、大島稲荷の「九組」の水盤がある。亀戸天神社に
 三番組の灯籠一対(大正2年9月)、回向院に五番組の木遣塚(昭和50年2月)、笠
 間稲荷に九番組の常夜灯一対(昭和2年5月)。

    

 七番組の纒のモニュメント
  東京都からの要請により、鐘淵防災団地の公園に受持区域である七番組の纒が採用さ
 れたが、これは纒の精神が生かされている例と言える。
  以下のような解説がなされている。
 「纒(まとい)。それは江戸時代において、火事といえば即、纒といわれ、纒のもとに
 総力を結集して、消火活動を行い纒が火を消したとまでいわれていました。この公園は、
 大震火災時には、都民の安全を守る避難場所ともなっています。その安全をあらわすシ
 ンボルとして、ここに纒のモニュメントを建造しました。
                           昭和六十一年三月 東京都」
 

 「平成22年5月25日 消防殉職者慰霊祭でのひとコマ」
  
  
  


地図に戻る